amazon(アマゾン)プライム会員の支払い方法やメリット・デメリットを解説

アマゾンプライム会員になると数々の特典が受けられます。

このプライム会員は、以前まではクレジットカード決済のみでしたが、現在はクレジットカード以外でも支払い可能になっています。

こちらのページでは、お得なプライム会員の月額料金・支払い方法・メリット・デメリットについて解説しています。

スポンサーリンク

月額(年間)利用料金

アマゾンプライム会員になるには

〇月会費→400円

〇年会費→3900円(月325円)

が掛かります。

プライム会員の無料期間がある場合は、無料期間終了後に自動的に有料会員になります。

ただ、下記でメリット・デメリットについても解説しますが、年会費以上のメリットがありますので、プライム会員になっておいて損はないと思います。

支払い方法一覧

支払い方法は

〇クレジットカード

〇プリペイドカード決済(AUウォレット)

〇携帯料金決済(ドコモ・AU)

〇ギフト券

で月会費・年会費を支払う形になります。

携帯料金決済の場合、現在はソフトバンクに対応していません。

また、プライム会員の支払いは、普段アマゾンで購入するよりも支払い方法が限定されています。

アマゾンプライムを利用する上でのオススメの決済方法は、クレジットカードです。

まだお持ちでない方は、楽天カード【YJカード】など無料で作れるクレジットカードもありますので作っておくことをオススメします。

会費払いだけではなく、お買い物などにも利用でき、クレジットポイントも付きますので持っておいて損はないと思います♪

→アマゾンプライム会員の登録はこちらから

プライム会員になるメリット

アマゾンのプライム会員になると下記のサービスが利用出来る様になります。

〇無料体験期間がある

〇お急ぎ便・日時指定無料

〇プライムビデオ見放題

〇プライムミュージック

〇プライムリーディング

〇会員限定先行タイムセール

〇プライムフォト

〇パパ・ママ向け特典

他にもFireタブレットが割引で購入出来たり、お得便を利用出来たりなど沢山あります。

私も良くアマゾンで買い物をするのですが、お急ぎ便・日時指定無料が非常に便利です。

通常は360円~640円が別途掛かりますが会員になると無料で利用出来ますからね。

更に、プライムビデオ見放題・会員限定のタイムセールに参加出来るなど数々のメリットがあります。

プライムビデオに関してはかなり充実したコンテンツが見放題ですので映画・ドラマ・アニメ好きにとっては最高だと思います。

大体のコンテンツは揃っています。また、アマゾン限定配信の作品などもありますので見飽きる事はないはずです。

ちなみに私のオススメは、ワイルドスピード・シャーロックホームズです。まだ見ていない方は是非一度見てください^^

子供が居る家庭の場合はドラえもん・クレヨンしんちゃん・あたしンちなどのアニメ映画・オリジナル版など複数あります。

年会費に対してコスパが良すぎるので、これだけでも年会費以上のメリットがあります。

デメリット

さて、上記でメリットについて話してきましたが、デメリットはないの?と思われた方も居ると思います。

私が考えるデメリットは以下の通りです。

〇契約が自動更新
〇年会費が一括払い

プライム会員になった場合、30日間の無料会員体験期間がありますが、無料期間が終わると基本的には自動更新されてしまいます。

また、年間で決済する場合は年会費3900円と若干お得に利用出来ますが、一括で支払いをする必要があります。

ただ、私の感想ですが、年会費以上のメリットがあります。

こんな人は特にオススメ

〇»アマゾンを一カ月に一回以上利用する人

〇»映像コンテンツを良く見る人

まとめ

アマゾンの年会費は3900円掛かりますが、月額に直すと325円で利用出来る計算になります。

アマゾンで買い物する時にお急ぎ便・日時指定が無料がで出来たり、プライムビデオ見放題・音楽聴き放題などなど数々のメリットがあり、月に一回しか利用しなくても十分元は取れると思います。

これだけ中身が詰まっていて月々325円で利用出来ますので、登録しておいて損はないはずです。

→アマゾンプライム会員の登録はこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしのガイドトップページ(https://kurasinoguide.com/)
アクセスできるQRコードです。
アクセスする際に使用してください。

〇スマホの場合 →画像を長押しすると保存できます。
〇パソコンの場合→右クリックすると保存できます。

オススメアプリ

楽天市場

楽天市場
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする