宅急便コンパクトは着払い対応!気になる箱代はどちらが負担?

発送方法の一つとして、クロネコヤマトが提供している宅急便コンパクトがあります。

こちらの記事では、クロネコヤマトの着払いについて解説していきます。

合わせて読みたい
スポンサーリンク

着払い概要

平成28年4月1日発送分より対応可能となっています。

ただ、現状はコンビニからの発送は受付不可との事ですので、着払いで発送の際は、クロネコヤマト・集荷にて受付依頼をする必要があります。

※一部クロネコヤマト取扱店などでは対応していない場合もあります。

(参考→クロネコヤマト 宅急便コンパクト 着払い

メルカリ・ラクマなどのフリマアプリなどで匿名配送を利用した宅急便コンパクトは現状、対応していません。

どうしても、宅急便コンパクト 着払いで発送したい場合は、匿名配送ではなく通常の発送としてでしたら利用出来ます。

※メルカリ便などの発送料金より送料が高くなる場合が多いです。

(参考→宅急便コンパクト 送料計算

個人・法人として利用する際に出来る方法になりますので、フリマアプリなどを経由して発送したい場合は以上の注意が必要です。

箱代はどちら持ち?

宅急便コンパクトで発送する際は、専用BOXという箱をクロネコヤマト営業所やコンビニなどで用意しないといけません。

この専用BOXというのが無料ではなくて、送料+専用BOX(65円)必要です。

その為、こちらの発送方法を敬遠していた方も居ると思います。

着払い発送の際、箱代は以下の2パターンから選択可能となります。

●箱代を先に支払う
クロネコヤマト・コンビニなどで箱代と引き換えに専用BOXを受け取る
●箱代を受取者負担にする
商品を受け取る人が送料+箱代(65円)を支払う

着払いの注意点

宅急便コンパクト限定ではなく、着払いで発送する際の注意点ですが、受け取り拒否・虚偽の個人情報記入などの理由で返送された場合は、基本的に発送主負担になります。

ほとんどの方は真面目に取引をしている方ですが、初めから支払うつもりもなく購入する悪質な購入者も稀に居ますので、発送の際は注意が必要です。

例えば、

〇メルカリ・ラクマなどのフリマアプリの場合

受取評価するまで事務局が中間に入っている為、返送された場合は着払い送料は出品者側負担となり、返金されないリスクがあります。

(正確には事務局判断の為、悪質な購入者と判断された場合は送料分も負担してくれるはずです)

〇ヤフオクなどのオークションやストアの場合

口座などに振込されていることを確認してから発送するのがほとんどだと思いますので、特別な事情が無い場合は受取拒否されないはずです。

万が一された場合でも商品代金は受け取っている為、送料を振り込んで貰うなどの話し合いで解決することが可能です。

ただ、受取拒否する人の中には悪意を持った方も居ますので、そう言った方に当たった場合はトラブルに発展する可能性も稀にあります。

まとめ

宅急便コンパクトは、専用BOXに入ればある程度大きな商品でも発送可能です。

着払いが可能な事により、送料・箱代など負担する事なく発送出来ますので、

宅急便で送る程の商品ではないけど・・・ちょっとサイズがデカい・・・

などと言った商品は、宅急便コンパクトで送れるので便利です。

注意点としては、コンビニなどから発送出来ない点・返送時は発送主負担になってしまうという事です。

とはいえ、発送手段が豊富な程お得に発送出来る方法を見つけやすい為、便利ですね♪

通常発送と着払いを使い分ける事でお得に利用していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしのガイドトップページ(https://kurasinoguide.com/)
アクセスできるQRコードです。
アクセスする際に使用してください。

〇スマホの場合 →画像を長押しすると保存できます。
〇パソコンの場合→右クリックすると保存できます。

オススメアプリ

楽天市場

楽天市場
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする