月の土地を購入する際の値段はいくら?詐欺じゃないよね?

最近は様々なサービスや情報がインターネット一つで調べることが出来て便利ですよね。

今日調べごとをしていたらたまたま、『月を購入出来ます!』というサイトを見つけました。

何でも月の土地を実際に購入出来るサイトで、購入すると権利書も送られてきます。

今回は、いつもと少し変わった話題ですが購入方法や料金など月の土地に関する内容です。

スポンサーリンク

月の土地を購入する方法

月の土地を手に入れたい場合は、アメリカに本社がある【株式会社ルナエンバシージャパン】という会社が運営しているサイトから購入出来ます。

公式サイトはこちらから

【株式会社ルナエンバシージャパン】は日本の代理店の様なモノになります。

月を見るには宇宙に行かないといけない為『実物を見て決める!』のは困難ですが、購入した場合【月の土地の権利書や月の地図】などが入った封筒が送られてきます。

この【月の土地の権利書】には自分もしくはプレゼントしたい方の名前を入れて送って貰えます。つまり、オンリーワンの権利書が手に入るという事ですね。

また、連名(名前を二つ入れる事)で購入する事も可能ですので、大切な人との記念日などにプレゼントしても喜んで貰えるはずです。

月の権利書を飾っている人は中々いないと思いますので、自宅のインテリアの一つとしても使えると思います。

もし、自分の家に『月の権利書』があったら話のネタにもなりますし、『おっ、ナニコレ!』ってなりますよね(笑)

例えばこんな使い道も

〇大切な人へのプレゼント(記念日や誕生日プレゼントなど)

〇大切な日のお祝いにサプライズとして・・・

〇とにかく人と違った事をしたい方にも

値段はいくら?

土地を購入する位だから、まとまったお金が必要なんでしょ?と思われるかも知れませんが

月の土地の権利書は2700円(税抜)から購入出来ます。もっと高いと思ってたのですが『月買ってみようかな!』と気軽に買えちゃう金額ですね(笑)

上記の値段から更にオプションを付ける事によって、特製カードやファイルなどが付属する形になり、【特製カード・ファイル・権利書】を購入した場合は7123円(税込)になっています。

この特製カード・ファイルはカッコいい仕様になっていますので保管前提で購入するのであれば、セット購入の方が良いと思います。

また、土地の権利書関連のみの販売ではなく【月型の地球儀】などここでしか手に入らない商品もありますので気になる方はホームページを見てください。

オプションを一切付けない場合は、2700円から購入できますので、宇宙に少しでも興味がある方は見てるだけでも楽しめると思います。

また、支払い方法は

〇クレジットカード決済

〇コンビニ決済

〇代引き決済

に対応しています。

広さはどれくらい?

1つの権利書につき、1エーカー分の土地を所有出来ます。

この【エーカー】という言葉は日本ではあまり聞きなれない単位ですが、おおよそ【4046平方メートル】です。

んん?まだ分かり辛いですね(笑)

坪数に直すとおおよそ【1220坪】程度だそうです。

1220坪というと、サッカー場1つ分位の土地となります。この坪数で2700(税抜)を高いとみるか安いとみるかは人それぞれだと思いますが、考え方によっては価値のある物件とも取れますね。

詐欺じゃない?

とまぁ、月の土地の購入について記載してきましたが、一番気になる事は『詐欺じゃないか?』という点だと思います。

普通に考えると、実際に行けもしない土地なんて持っていても意味が無いんですよね。

この点に関しては明確な結論は出せないのですが、こちらの会社に関しては正式ルールに乗っ取り月の販売をしているとの事なので会社自体は安全みたいです。

ただ、今現在は月の所有者に関する法律が曖昧な状態ですので、今後法改定などにより【購入した権利書】自体が無効になる可能性もあるとの事です。

とは言っても、月の権利書を購入する理由は『月に住んだ時の候補として!』などの理由ではなく権利書自体に価値があるから』だと思います。

2700円(税抜)から気軽に購入出来ますので、投資というよりは『夢を購入する』という気持ちが大切ですね。

まとめ

もっと高いかと思いましたが、案外気軽に月って購入出来るのですね(笑)

今現在では月に行く事は出来ませんので、自分の土地を確認する方法はありませんが、今所有しておく事によって将来的に月に行くことが普通になれば思わぬ価値が出てくるかも知れませんね。

プレゼントや自分へのご褒美に購入する方も多いみたいですので、この機会に購入してみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちらから

地球上の土地や建物などと違い、明確な権利を主張する事は現時点では出来ませんが『楽しむ気持ち』が大切思います。

少しでも興味がある方は見るだけでも楽しめると思います^^