ココナラのおひねりとは?使い方から相場・評価について

ココナラは知識やスキルを販売出来るサービスの一つです。

そんなココナラには、独自のおひねりというシステムがあるのをご存じですか?

独自のサービスであるがゆえにココナラを最近使い始めた方は

『おひねりって何?』・『使い道が分からない』

などお困りの方も居ると思います。

こちらのページでは、『おひねり』の意味や利用方法・相場などについて解説していきます。

合わせて読みたい記事
スポンサーリンク

おひねりの使い方

おひねりとは『チップ』の様な機能です。

ココナラでは、商品代とは別にお礼として支払う形になります。

使い道としては、商品代金以上の価値があると思われる商品を受け取った時に利用します。

例えば、『1000円でイラストを購入した』とします。

こちらのイラスト購入後に、『3000円くらいの価値があったな。』と思った時に、任意で『おひねりとして差額2000円支払うことが出来る』システムとなります。

商品代以上の価値があるクオリティが高い商品を安く購入出来る事もありますので、そういった場合に役立つシステムです。

もちろん、上記は例ですので、2000円を必ず支払わないといけない!などの規定はありません。

500円でも良いですし、1000円でも良いです。

メッセージでお礼を送っておひねりは無しでも構いません。

ただ出品者としては、おひねりは思わぬボーナスになりますし、何より貰う側からしたら『自分のスキルが認められた!』感じがして、非常に嬉しいです。

もし、ココナラで出品しておひねりを貰いたい!と思っているのであれば

〇イラストなどの有形商品の場合→クオリティの高い商品を作る〇悩み相談などの無形商品の場合→丁寧な回答を心掛ける

を意識すれば良いかと思います。

本当に満足したサービス内容であれば、もっと払ってあげたい!と思ってくれる方も居ます。

評価とは別にこういうシステムがあるのって良いですよね。

手数料は高い方ですが、おひねりを貰った時は何とも言えない喜びがありますよ。

おひねりはいくらから?

商品代金とは別に、【100円~99999円】の範囲で指定出来ます。

価値は人によって異なりますので、一概には言えませんが自分が『これだけなら追加で払っても良い』と思える金額をおひねりとして渡すと良いです。

100円だとケチと思われないかな?と思う方も居るかも知れませんが、気持ちが重要です!

貰った側からしたらおひねりがあるだけで嬉しいです。

どうしても、相場で送りたいという方は、商品ジャンル毎の相場を調べる・商品代金の10~20%程度を設定すると良いと思います。

おひねりの禁止事項

ココナラの利用規約にも書かれていますが、『おひねりを前提とした出品』は禁止されています。

例えば

『こちらの商品をご購入頂いた後はいくらでも構いませんので、おひねりをお願いします。』

などが該当します。

おひねりとは、購入者の気持ちとして任意で行う形になりますので、強制する事はダメという事ですね。

また、商品代金以外にオプションを付けたい場合は、予め有料オプションを設定しましょう。

★-ハンドメイドをはじめるのにオススメの書籍-★


はじめてのハンドメイドブック

まとめ

ココナラ特有のシステムであるおひねり。

感謝の気持ちを伝えられるので、非常に良いシステムだと私は感じています。

継続して、商品を購入したい場合は『今後ともお願いします!』という意味合いを込めて贈るのもありだと思います。

おひねりは気持ちとして渡すものですので、相場はあってない様なモノです。

まずは、お互いが『気持ちのいい取引だった!』と思える様な取引を心掛けていきましょう。

合わせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしのガイドトップページ(https://kurasinoguide.com/)
アクセスできるQRコードです。
アクセスする際に使用してください。

〇スマホの場合 →画像を長押しすると保存できます。
〇パソコンの場合→右クリックすると保存できます。

オススメアプリ

楽天市場

楽天市場
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする