メルカリのクレジットカード決済は安全?分割払いについても

メルカリに限った話ではありませんが、最近はクレジットカードで購入すると言った方も多いのではないでしょうか。

所有しているクレジットカードの番号や名義人などを記入するだけで簡単に決済出来る為、便利な反面、インターネット内でクレジットカードなどの個人情報を記入するのは不安という方も特定数居るかと思います。

最近は、クレジットカード詐欺や流出などの事件もちょくちょく聞きますし・・・

不安を煽るような言い方になってしまいましたが、結論から言いますと私はメルカリでのクレジットカード決済は安全だと思っています。

今回は、メルカリでクレジットカード決済しても大丈夫か?(危険性はないのか?)や使い方などメルカリでのクレジット決済について解説していきます。

★-メルカリへの登録はこちらから-★
登録方法が分からない方・お得に登録したい方は下記記事を参考にしてください
【メルカリ】招待コードとは?入力や確認の方法について
スポンサーリンク

クレジット決済の安全性

メルカリでクレジットカード決済をした場合、カード番号や名義人、セキュリティコードなどの個人情報を記載する必要がありますが、この情報がメルカリに届く事はありません。

というのも、Paypalという海外の大きな決済会社が間に入っているからです。

Paypalという会社は日本ではあまりなじみのない会社ですが、全世界単位で言うとかなりメジャーな決済システムを提供している会社の一つです。

しかも、SSL通信という暗号化通信が行われていますので、他人に盗み見されるリスクは非常に低いです。

万が一、番号などが流出したり悪用された場合は、カード会社に連絡をすることで不正利用分は保証してくれます。

安全・安心な決済会社に加えて、万が一の保証もありますので損をすることが無い仕組みが取られています。

使い方(設定方法)

続いて、メルカリでクレジットカード決済を利用する際の設定方法について解説していきます。

手順1・・・ホーム画面で3本バー→『設定』の順にタップ

手順2・・・『支払い方法』をタップ

手順3・・・『クレジットカード』をタップしカード番号などを入力

以上で登録完了です。

セキュリティコードとは?

3桁の番号です。

大体はクレジットカード裏面の『署名欄』の横にあります。

メルカリの場合は、『コンビニ払い』・『携帯決済』なども利用出来ますが、1回当たり100円の手数料が掛かってきます。

その点クレジットカードだと一回払いの場合は手数料などは取られませんので、クレジットカードをお持ちの方は、こちらで決済する方が良いです。

一回毎の手数料は100円だったとしても、何回か購入しているうちにバカに出来ない金額になってきますからね・・・

メルカリ内にクレジット情報を残したくない

上記の方法で、クレジットカードを登録した場合は、メルカリを使っている端末内に情報が保管されている状態です。

その為、万が一端末を紛失してしまった場合は、第三者に情報が渡る可能性もあります。

少しでも不安が残る方は、面倒ではありますが下記の方法で情報を削除する事をオススメします。

手順1・・・設定をタップし、支払い方法を選択

手順2・・・右上の『編集』を選択し、『-』より削除をタップ

手順3・・・『はい』を選択

上記で削除出来ますが、デメリットとしては今後メルカリでクレジットカード決済をする際は、新たに入力しないといけない点です。

手間が掛かっても良いから安全に利用したい・・・という方は毎回情報を入力する形の方が良いかも知れませんね。

一回当たりの限度額

一回の決済額には上限が定められていて、999万9999円までとなっています。

つまり、メルカリ内で売られている商品に関しては限度額など気にする必要はなさそうですね。

また、利用出来るクレジット会社は

〇VISA

〇マスターカード

〇JCBカード

〇ダイナース

〇セゾンカード

〇アメックス

となっています。

ちなみに、日本国内で発行されたカードのみ利用可能となっていて、海外発行のカードは利用出来ません。

分割払いは3000円以上の商品が対象

メルカリでクレジットカード決済を選択した場合は、3000円以上の商品だと分割払いも可能です。

カード会社によって、何回払いまで出来るか異なりますが

〇2回払い

〇3回払い

〇5回払い

〇6回払い

〇10回払い

〇12回払い

〇15回払い

〇18回払い

〇20回払い

〇24回払い

に対応しています。

ただ、分割払いにすると分割手数料が掛かるクレジット会社がほとんどですので、どうしても分割払いにしないといけない場合以外は、一括払いで決済する様にしましょう。

取引がキャンセルになった場合は?

商品を購入したは良いものの、購入者側から発送されなかったり、届いた商品が壊れていた・・・などの理由でキャンセルする事もあるかと思います。

キャンセル扱いとなった場合は、実質相殺扱いになります。

この場合は、クレジットカードの明細には乗る形になりますが、同じ金額分マイナスされますので実質負担はないです。

キャンセルする日時によってはカード会社の締め切り日と重なって、翌月に相殺される場合もあります。

オススメのクレジットカード

これからクレジットカードを作成するのであれば、Yahoo! JAPANカードイオンカードセレクト楽天カードがオススメです。

ヤフーショッピングなどのヤフー系列を良く利用したり、Tポイントを貯めるのであれば、ヤフージャパンカード



イオンを良く利用するなら、イオンカードセレクト



楽天市場など楽天系列を良く利用するなら、楽天カード

などなど・・・メルカリ以外に使っている媒体などがあれば、そちらを軸に考えても良いかと思います。

上記カードは、新規入会時にポイントが貰えるキャンペーンもやっていますし、年会費無料で作成出来ます。

また、すでにカードを持たれている方でも、セキュリティを重視されるのであれば、ネット決済用に作成しておくのも悪くはないかと思います。

どうしてもクレジット情報を入力したくない方向け

メルカリを利用している方の中には、どうしてもクレジットカードの情報を入力したくない・・・という方も居ると思います。

そういった方は、バンドルカードなどを利用するのも一つの手です。

バンドルカードは、インターネットですぐに買い物出来るカードアプリの事で、アプリ内でバーチャルのカードが発行されそこに入金する事で、クレジットと同じような機能が使えるカードです。

しかも・・・こちらは作成に当たって年齢制限などはなく、無料で発行出来て、年会費などの必要もありません

入金自体もコンビニなどから簡単に出来ます。

発行会社もVISAとなっていて、全国的に有名なカード会社ですね。

登録はスマホがあれば、下記から簡単に出来ますよ。

登録はこちらから

まとめ

以上となります。

冒頭でも言いましたが、メルカリでクレジットカード決済は安全だと思います。

ただ、ネット社会の現在100%は無いと思いますので、

どうしても心配な方は手間が掛かりますが、毎回クレジットカード情報を入力するなど自衛していきましょう。

バンドルカード(iPhone)バンドルカード(android)を使うのも一つの手です。アプリ内で利用出来るのでかなり利便性は良いです。

メルカリに限った話ではありませんが、万が一クレジットカードを悪用されたり流出したことが判明した場合は、カード会社に早めに連絡を入れる様にしてくださいね。

★-メルカリへの登録はこちらから-★
登録方法が分からない方・お得に登録したい方は下記記事を参考にしてください
【メルカリ】招待コードとは?入力や確認の方法について
こちらの記事もオススメ