フリマアプリの新ラクマとは?評判や口コミを徹底検証

2018/02/26に楽天が運営するフリマアプリ、ラクマとフリルが合併し新しいラクマが誕生しました。

以前までは手数料が無料でしたが、とうとう3.5%の販売手数料が掛かる様になりましたね。

とは言ってもラクマの魅力は手数料0円の所だけではないと思います。

こちらのページでは、ラクマ・フリルの違い/手数料が低い理由/新ラクマのポイント/メルカリとの比較(違い)について解説しています。

スポンサーリンク

ラクマ・フリルの違い

まずは、合併する前(2018/02/26以前)のラクマ・フリルについてです。

〇ラクマ

ダウンロード数:約600万人
販売手数料:0円(無料)
売上金入金期間:楽天銀行(最短当日)/その他銀行(最短翌営業日)
振込手数料:216円(楽天銀行の場合10000円以上で0円)

〇フリル

ダウンロード数:約400万人
販売手数料:0円(無料)
売上金入金期間:楽天銀行(最短当日)/その他銀行(最短翌営業日)
振込手数料:210円(楽天銀行の場合10000円以上で0円)
人気ジャンル:ファッション商品(主にレディース)

ラクマ・フリル共に楽天が運営しているサービスになっていますので、大きな違いはないですね。

こうして振り返ってみると販売手数料0円の頃が懐かしいです・・・

手数料無料の理由

新ラクマでも継続して、販売手数料が無料(2018年6月4日 10時から3.5%の販売手数料が掛かります)となっています。

なぜ無料なのかについては私の憶測になりますが

・メルカリからユーザーを取り込む為

・広告収入

・楽天会員を増やす為

などの理由があると考えています。

フリマアプリにおいてメルカリがあまりにも強大になりすぎてますので、手数料無料以外に差をつける方法はないでしょうしね・・・

また、ラクマを利用するユーザーに対して楽天会員に誘導する事で、楽天市場の反映にも繋がりますし宣伝効果としてもある程度の効果はあるだろうと思います。

事実、楽天Pay決済する事によって楽天ポイントを貯める事も支払う事も可能です。

また、楽天という大企業が運営している事で、資金面でも余裕があるのでしょう(笑)

新ラクマとは

旧ラクマアプリで使用していた方は、旧ラクマが順次出品機能などが制限されていきます。

その為、新ラクマアプリをダウンロードして、移動手続きをする必要があります。

旧フリルアプリで使用していた方は、アイコン等が新ラクマのモノになっているかと思いますので、再ダウンロードや移動手続きなどの必要はありません。

新ラクマは以下の通りです。

●販売手数料→0円(無料)(2018年6月4日 10時から3.5%の販売手数料が掛かります)
●支払い方法の追加(楽天Pay・各ケイタイ払い・LINE Pay・Paidy)
●購入申請の利用
●楽天Pay決済の場合、楽天スーパーポイントを使える・貯めれる
●振込手数料→クレジットカード(無料)/コンピニ払いなど(100円)
●発送区分にあった『手渡し機能』の廃止
●匿名配送可能
●コンビニ払い選択時スリーエフからの入金が不可に

楽天も慈善事業で運営している訳ではありませんので、いずれは手数料有料になるかも知れませんが、それまで有効に使っていきたい所です(笑)

※有料化に変更されたので3.5%の販売手数料が掛かります。

購入申請の設定については、賛否両論だと思いますが、評価を見て許可することが出来るので購入者を吟味出来るという点では効果は絶大ですね。

すぐに売りたい商品であれば【申請あり】

すぐに売る必要はない商品であれば【申請なし】

など状況によって設定すれば、購入率にもあまり影響はなさそうですし。

新ラクマの評判や口コミ

楽天グループが運営している【ラクマ】・【フリル】が合併して生まれた新ラクマですが、評判・口コミはどのようになっているのでしょうか?

【新ラクマ】の評判としては

〇売買手数料無料(2018年6月4日 9時59分まで)

〇購入申請制度の導入

〇匿名配送の利用可能

〇問い合わせ時の返答が親切

〇楽天ポイントが利用出来る

などがアプリダウンロードページなどを見ていると良く挙げられています。

やはり、楽天グループが運営しているという事で、対応がしっかりしていて、楽天ポイントが利用出来るという点が特にデカい様ですね^^

中でも、楽天ポイントに関しては、楽天ユーザーは約1憶人とも言われていますので、ほとんどの方に恩恵があるのではないでしょうか?

一方で、メルカリと比べると登録ユーザー数は10分の1程度になりますので、売れ行き的に不満を抱いている方も一定数居る様です。

とは、言ってもメルカリにはない部分も【新ラクマ】には沢山ありますし、使い心地に関しても昔のラクマより対応が良くなっている!と感じますので、これからもっとユーザー数が増えてにぎわっていく市場なのでは?と感じています。

メルカリとの比較(違い)

〇メルカリ
手数料→10%
購入申請→設定不可
〇新ラクマ
手数料→0%(2018年6月4日 10時から3.5%の販売手数料が掛かります)
購入申請→設定可
楽天ポイントの使用可

まず、メルカリと新ラクマの違いは、何と言っても手数料が低い事だと思います。

私自身もメルカリを使いすぎて手数料10%は普通だ!と感じていますが、冷静に考えたら手数料は無い方が良いですもんね(笑)

売れ行きで言うとメルカリ9割・ラクマ1割と言った感じですので、フリマアプリではやはりメルカリに軍配が上がると思います。

ただ、ファッション系は旧フリルが強かったですし、人気商品などは、どこの媒体を使っても売れることが多いので商品によってメルカリ・ラクマを使い分ける事によって手数料面で若干お得に出来る場合もあります。

複数同じ商品を持っている場合はメルカリとラクマ両方に出品しておくことも出来ますね。ただ、同時出品する場合は在庫管理には十分注意を払ってください。

購入者から見た場合も、手数料が安いと言う事で、メルカリよりも手数料分安い値段で販売されていることもありますのでメルカリだけしか使っていない方は、一度新ラクマも登録してみてください。

その他にも、楽天スーパーポイントを使えたり・貯めたり出来ますので、楽天ユーザーにとってはメリットが非常にデカいです^^

まとめ

ラクマとフリルの良い所を詰め込んだのが、新ラクマになります。

売れ行きで言うと今の段階ではメルカリの独壇場だとは思いますが、この手数料が低めの今、最大活用して出品者も購入者もお得に利用していきたいですね。

現状は、すぐに売りたければメルカリ、少しでも手数料面などで節約したいのであれば新ラクマと使い分ける事で利益を最大化に出来ると思います^^

上手く使い分けて楽しいフリマアプリライフを過ごしましょう♪

ダウンロードは下記から

〇・・・ラクマアプリは下記ページよりダウンロード可能です。

ラクマアプリをダウンロードする(App STORE)

〇・・・お得に登録したい方は下記ページを参考にしてください。

新ラクマの招待コードはどこにある?確認から入力方法まで解説