【メルカリ】出品者がキャンセル申請を出す方法 ボタンやフォーム

皆さんメルカリライフ楽しんでいますか?

最近、メルカリでキャンセル申請用のボタンが出来たみたいですね。

今までは、【問い合わせ】→【キャンセル依頼】→【事務局判断】でキャンセル対応となっていたのですが、ボタン一つでキャンセル依頼を出せる様になりました。

今回は、【どのような状況の場合にキャンセル可能なのか?】・【キャンセル方法】などを詳しく解説していきます。

★-メルカリへの登録はこちらから-★
登録方法が分からない方・お得に登録したい方は下記記事を参考にしてください
【メルカリ】招待コードとは?入力や確認の方法について
スポンサーリンク

キャンセル出来る条件

やむを得ない状況でキャンセル希望の場合は、キャンセル申請を購入者に出すことが出来ます。

※現状では、出品者がキャンセルしたい場合のみ利用出来ます。

〇支払いを確認できない
〇間違えて購入された
〇商品が無い
〇商品に不備が見つかった
〇購入者と同意している

などの状況が挙げられています。

キャンセル方法

取引ページ下部にある【この取引をキャンセルする】ボタンをタップします。

※PCでは表示されませんので、スマホから確認しましょう。

キャンセル理由・理由の詳細を入力し、【上記の内容を確認しました】にチェックを入れ【キャンセルを申請する】をタップすると申請完了となります。

『キャンセルする理由』は必ず記載しましょう。

入力すれば、事務局にではなく出品者に届きます。

こちらの記載内容が抽象的過ぎると時間が掛かる場合がありますので、なるべく詳しい内容を記載してください。

記載例

ご購入ありがとうございます。勝手ではありますが、こちらの商品は○○(キャンセルする理由)の為、キャンセルさせて頂きたいです。

今までと変わった点

今までと大きく変わった点と言えば、【事務局判断】から【出品者・購入者の合意】でキャンセルすることが可能になった点です。

従来までは?

両者合意の上で事務局に問い合わせをして最終的には、メルカリ事務局が取引内容などを判断して、キャンセルする仕組みが今までのシステムでした。

今回はどうなった?

キャンセル申請ボタンが出来た事により、事務局を介さずとも購入者が同意さえしてくれればキャンセル出来る様になりました。

特に多数商品を出品している方は、予期せぬ紛失や破損などの場面に出くわしてしまうかと思います。

そういった時に重宝してくれるかなと感じています。

専用の横取り対策にもなる

キャンセル理由を見ていくと、【間違えて購入された】の選択肢があります。

これは【専用を作ったけど横取りされた】際の対策としてではないか?と考えています。

メルカリは早い者勝ちですので、購入者が決まっている場合でも原則は先に購入した人と取引をする必要があります。

ただ、そのシステムを利用して【専用を横取りされる・・・】という事例もあります。

今までは泣き寝入りするしかなかったのですが、今回キャンセル申請が出来た事によって、購入者が決まっていたにも関わらず横取りされた場合の対策と出来るかも知れませんね♪

もちろん、その際は相手側の合意は必要になってきますが、横取りがしにくい状況になったのは間違いないです。

解釈の仕方を変えれば、暗黙のルールであった【専用のルール】が公認となりつつあると考える事も出来ますね。

ただ、出来る事なら横取りされるリスク自体を減らしていくことをオススメします。

購入者側のキャンセル申請の見え方

購入者には、やることリストに

【〇〇(商品名)】のキャンセル申請が届きました。内容を確認の上、返答をお願いします。

という内容のメッセージが届きます。

取引画面に移行すると、申請理由と共に【同意する】・【同意しない】のボタンが表示されます。

同意するを選択した場合

ボタンを押した時点でキャンセルが成立します。以降キャンセルした商品の取引メッセージなど利用出来なくなるますので、出品者に伝えたいことがある場合はボタンを押す前に連絡しておきましょう。

また、この場合は取引自体がキャンセルになりますので、商品代金を入金済の場合は返金され、お互いの評価は出来なくなります。

同意しないを選択した場合

【事務局へ問い合わせる】ページに移行します。キャンセルに納得出来ない場合は、事務局に理由を伝えることで取引進行が可能です。

※商品紛失・破損など取引継続が困難な場合は、事務局判断でキャンセルになる場合があります。

返答の期限

キャンセル申請を受け取った場合は、24時間以内に返事してください。

万が一24時間を過ぎてしまうと自動的に同意したことと判断され、取引キャンセル扱いになります。

ちなみに、【受ける・受けない】は任意ですのでキャンセル理由を見て同意したくない様であれば、期限内に同意しないボタンを押して、事務局・出品者に理由を提示してあげるとスムーズに進められると思います。

まとめ

キャンセル申請ボタンが新たに新設された事によって今まで難しかったキャンセルが簡単に申請出来る様になりました。

マナーとして、いきなりキャンセル申請だけを送りつけるではなく、取引メッセージで一言でもいいので伝えてから申請する様にしてくださいね。

ただ、申請すれば必ずキャンセル出来るという訳では無く、【出品者・購入者合意の場合】という条件付きにはなってきますので、注意は必要です。

何度も取引せずキャンセル申請ばかりしていると、事務局に悪質な出品者と判断される場合がありますし、取引を遂行するのが出品者の義務でもありますのでやむ負えない状況のみで活用するようにしましょう。

それにしても、日々便利になって行ってるメルカリ・・・今後の成長にますます期待出来ますね^^

★-メルカリへの登録はこちらから-★
登録方法が分からない方・お得に登録したい方は下記記事を参考にしてください
【メルカリ】招待コードとは?入力や確認の方法について
オススメ記事