メルカリにオファー(値下げ交渉)機能が追加!使い方や注意点を解説

ついにメルカリにオファーの機能が実装されました。

今までありそうで無かった機能ですね。

このオファー機能は賛否両論あるかと思いますが個人的には、便利に使えるのであれば良い機能ではないか?と考えています。

こちらのページではオファー機能の利用方法(使えるカテゴリー)やメリット・注意点などについて書いています。

★-メルカリへの登録はこちらから-★
登録方法が分からない方・お得に登録したい方は下記記事を参考にしてください
【メルカリ】招待コードとは?入力や確認の方法について
スポンサーリンク

オファー機能とは?

メルカリでいうオファー機能とは、簡単に言うと値引き交渉が出来る機能の事です。

『この商品が欲しいけど、予算オーバー・・・』そんな時に役に立つのがこちらの機能です。

ずっとメルカリを使われている方からすれば、コメントから値段交渉してるから要らない!と思われる方も居るかも知れませんが、コメントから値段交渉依頼するのと、違いは以下の通りです。

コメントから依頼した場合

→交渉が成立して価格変更した場合、誰でも購入出来る

オファー機能を利用した場合

→提示した値段で交渉完了した場合、そのまま購入出来る

つまり、コメントから『〇〇円に値下げして貰えませんか?』と依頼して了承を得た場合でも、最悪他の方に購入されるリスクがあります。

メルカリで専用ページを横取りされない為の対応と対処法

逆に、オファーから値下げ交渉して了承を得た場合は提示した金額で購入出来ます。

横取りされるリスクが無い!という事が最大のメリットではないか?と個人的には考えています。

使えるカテゴリー

筆記時点では【インテリア・住まい・小物】カテゴリーに出品されている商品に限ります。

上記以外の商品にはそもそもオファーボタンが付いていません。

なぜカテゴリーを制限しているのかに関しては憶測ですが、試験的に実装しているのではないか?と考えています。

恐らく、ユーザーの反応や利用率によっては全カテゴリーに実装されるようになると思います。

自動キャンセルの状況

下記の状況の場合は自動キャンセル扱いとなります。

〇出品者が了承しなかった

〇商品内容の編集または削除

〇オファーしてから24時間経過

〇他のユーザーに先に購入された

購入者の使い方

手順1・・・商品ページ下部にある【オファー】ボタンをタップします

手順2・・・オファー画面に移行しますので、【オファー価格】の欄に交渉したい金額を入力し【オファーする】をタップします

手順3・・・出品者からの返答を待ちます

手順4・・・了承されるとオファー機能で購入出来ます

詳細解説

手順1・・・商品ページ下部にある【オファー】ボタンをタップします

手順2・・・オファー画面に移行しますので、【オファー価格】の欄に交渉したい金額を入力し【オファーする】をタップします

オファーと同時にお知らせ欄に以下の様な内容のメッセージが入ります。

以上で交渉依頼は終了です。

提示した金額で購入出来るかどうかは出品者の判断になります。

金額を了承して貰えた場合は購入したも同然の扱いになりますので、金額に誤りが無いかしっかり確認した上で送信するようにしてくださいね。

間違えて申請した場合

間違えて申請しちゃった・・・そんな時もあるかと思います。

結論から言うとオファーを出した後でキャンセルする事は可能です。

手順としては、オファーした商品ページに移動し下部にある【オファーをキャンセル】をタップするだけです。

※申請許可されてしまうとこちらの手続きではキャンセル出来ません。

こちらも同様に通知が来ますので確認してください。

出品者の使い方

自分にオファー依頼があった場合にやる事はシンプルです。内容としては下記の手順となります。

手順1・・・オファーがあると通知が入るので【やることリスト】を確認

手順2・・・商品リストをタップ

手順3・・・オファー価格が表示されますので、内容を確認し問題なければ【オファーの値段で売ります】ボタンをタップ

手順4・・・購入された場合、通常の手続きと同様に取引を行います

注意点としては24時間以内に返答しなければ自動キャンセル扱いとなってしまいますので、了承する場合は返答する時間帯に気を付けてくださいね。

また、交渉途中で合っても先に購入された方が優先されるので、オファーした方以外の方が購入した場合はオファーの返答などの必要はありません。

オファーを利用出来ない状況とは?

利用する上で注意しなければいけない点は2つあります。

1・・・元値の80%以内で交渉する必要がある

提示されてある商品額の80%以内の範囲で交渉する必要があります。

大幅値下げの交渉は出来ないという事ですね。

例:1000円の商品の場合
800円までの範囲でオファー可能

2・・・300円の商品はオファーを送れない

メルカリでは最低出品額が300円~となっています。

それに伴い、元値が300円の商品にはそもそもオファーボタンは実装していません。

まとめ

今までありそうでなかった機能・・・

オファーが実装されたことにより値引き交渉が色んな意味で身近なモノになってきましたね。

中にはメルカリ=値引き交渉ばかりでうんざり

という方もいらっしゃるかも知れませんが、欲しい商品がある場合はこちらの機能も利用してください。

利用する際は

・カテゴリー【インテリア・住まい・小物】に限る

・80%以内で提示

・300円の商品は利用不可

に注意してくださいね。

それ以外のカテゴリーで値段交渉がしたい場合はコメントから行う必要があります。

メルカリ 値引き交渉に必要な3つのコツ!

マナーを守って正しいメルカリライフをお過ごしください。

★-メルカリへの登録はこちらから-★
登録方法が分からない方・お得に登録したい方は下記記事を参考にしてください
【メルカリ】招待コードとは?入力や確認の方法について
スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしのガイドトップページ(https://kurasinoguide.com/)
アクセスできるQRコードです。
アクセスする際に使用してください。

〇スマホの場合 →画像を長押しすると保存できます。
〇パソコンの場合→右クリックすると保存できます。

オススメアプリ

楽天市場

楽天市場
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする