アマゾンの無人コンビニ 【amazon go】とは何?

人口知能の成長は凄いモノですね。

最近『amazon go』という無人コンビニが出来たのはご存知ですか?

レジなどは無く専用アプリでどの商品を購入したか?把握出来て、決済もスマホだけで出来て、人手要らずで営業出来るコンビニです。

今回は画期的な無人コンビニについて書いていきます。

スポンサーリンク

画期的なシステム

amazonが2018年1月に『amazon go』という無人コンビニを試験的に一店舗オープンさせました。

amazon goは、専用アプリが搭載してあるスマホなどを使って専用の入り口(駅の改札の様なもの)を通り、レジがなく購入したものをAIなどで自動感知し、さらには支払いもamazonサイトなどで購入する際と同じようなにクレジットカードで自動でされるのでその場で支払わなくて良いという超画期的な無人コンビニです。

いやー本当に時代の流れって凄いですね。

つい3年ほど前まではスマホとか一生使えないわ、、って思ってた程のガラケー派だった私ですが今やスマホ命になってますし。笑

とまぁ私の話は置いといて・・・

仮にこの無人化が、コンビニ、スーパーなどで一般的になればそもそも『レジに並ぶ時間』がなくなるので、まさしく『気軽に入れて気軽に買い物出来る』という夢のような状態が実現します。

私たちが良く通っているスーパー・コンビニに一般的になってくれば、店を入る時も出る時も専用の出入り口を通る必要がありますし、AI搭載の画像認識機能で手に持った時点で自動で計算するので、万引きされるリスクはほぼゼロとなり店側にも大きなメリットがあると思います。

更に一度商品を手に取ったモノの不要になった場合は、商品を戻すと金額が自動訂正されます。

その他にも、人件費削減などの効果もあると見られています。

この画期的なコンビニは試験的にシアトルに一軒だけみたいですが今後に大きな期待を寄せています。

ただ、仮に普及したとしたら、クレジットカード決済で気軽に買い物出来るのは大きなメリットですが、衝動買いしてしまわないか不安な面でもあります。

まとめ(感想)

私の意見ですが、こういった人間が居ないコンビニを普及していくことによって考えられるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・気軽に入れてレジ待ちなどしなくていい
・強盗・万引きなどの被害が大幅に減少

デメリット

・その場で支払う必要が無い為、衝動買いしてしまう
・人によっては職を失うリスクがある

などです。

世の中便利になっていくのは嬉しい反面、凄い勢いで成長している人工知能ですが、もっともっとAIなどの人口知能が普及すると人類が機械に乗っ取られるのではないか?と不安な面でもあります。

共感出来るか分からないですが、私が子供の頃に見たドラえもん ブリキの迷宮(ラビリンス)という映画に出てくる

ナポギストラー博士の様な天才知能を持ったロボットが現れ、

近い将来ロボットに世界を乗っ取られるのではないか・・・

と不安になってしまいます(笑)

ロボットが支配する世界を見て、子供心に衝撃を受けましたね。

ちなみに私の映画ドラえもんランキングBEST3に入る名作です。

[期間限定][限定版]映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】/アニメーション[DVD]【返品種別A】

価格:1,836円
(2018/2/15 02:18時点)

↓↓↓↓↓アプリでも読めます↓↓↓↓↓

大長編ドラえもん13 のび太とブリキの迷宮【電子書籍】[ 藤子・F・不二雄 ]

価格:432円
(2018/2/15 02:22時点)

名作ですのでまだ見ていない方は是非一度ご覧ください^^

子供から大人まで楽しんで見れると思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしのガイドトップページ(https://kurasinoguide.com/)
アクセスできるQRコードです。
アクセスする際に使用してください。

〇スマホの場合 →画像を長押しすると保存できます。
〇パソコンの場合→右クリックすると保存できます。

オススメアプリ

楽天市場

楽天市場
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする